こんにゃくゼリー

2017.03.22.Wed.16:42

こんぶ飴製造などを手掛ける、浪速製菓は、コンニャクゼリーの新製品で販売ルートの新規開拓に取り組む。 

新製品は、大人の女性向けにパッケージをリニューアルしており、手で開けやすいピロー包装を採用、生きて腸まで届く乳酸菌が入っているなどの特長がある。 

山田社長は「健康志向を前面に出しながら、これまで弱かったドラッグストアへの販売をめざしたい」としている。 

野田氏の選挙区の岐阜に本社を持つ浪速製菓というメーカーが、 

マンナンライフの蒟蒻ゼリーにそっくりの製品を開発して、 

シェア拡大を狙っていました。 

浪速製菓の社長=野田氏に政治献金している会の相談役です。 

その2ヶ月後に、野田氏は、マンナンライフの蒟蒻ゼリーだけをストップさせました。 

これで、浪速製菓のシェア拡大は非常にやりやすくなりましたね。 

本当に消費者のことを考えてのことならば、すべてのメーカーの類似商品を 

ストップさせるべきなのに、最大手のみをストップさせ、自分の選挙区のメーカーの 

類似品はスルーって、あまりにも分かりやすい人です。 

政治家は献金する企業の為に、国民や一般企業を潰しに掛かるのです。 

死ぬほど洒落にならないくらい怖い話です。 

幽霊なんてかわいいものです。

関連記事
コメント

管理者のみに表示