もう一人の女子高生

2017.03.27.Mon.11:05

一人暮らししていたときの話。 

夕方くらいの事なんだが、その日は借りてたDVDをツタヤに返却して帰る途中だった。 

仙台のとある女子高の近くがうちのアパートだったんだが、その近くには踏切が多くある場所だった。 

俺はiPodの音量をガンガンに高くしてチャリを漕いでた。俺の前方を女子高生3人が歩いているのが目に入ってきて、俺は「お、女子高生だ」くらいに思ってた。 

段々と俺と女子高生3人組の距離が近くなってきてさ、んで、いざすれ違ったときに、3人組の女子高生の後ろにもう一人女子高生がいたのよ。 

その時点で「あれっ?」とか思ったんだけど、次の瞬間いきなりその子、両手を目にかざして大泣きし始めた。 

本当にもう、えーんえーんって感じで。 

すれ違ったときになんかもう変なのよ、お化けがどんなもんかよくわからんが、これはお化けだ!って直感的に気づいて、すげぇスピードでチャリ漕いで家に帰ったわけ。 

家に着いてからなんかもう寒気がしたから、すぐに風呂に入ったの。んで、大変な目にあったなぁ…とか考えてて、俺はある事に気づいた。 

その女の子、夏服だった。もう秋でみんなカーディガン着てるのにその子だけ夏服だったの。 

さらに両手で泣いてたのを俺はハッキリ見た、でも両手でって事は…カバンも持ってないのよ。確実に帰ってる途中の高校生じゃないじゃん。 

極めつけに、俺はiPodでガンガン音量高くしてて、外の音がほとんど聞こえなかったのに…恐ろしく俺の耳元で泣き声が聞こえてきた…。 

これで話は終わりなんだが…文章にすると全然怖くないのなw体験した俺自身、あの時はマジで洒落にならんくらい怖かったんだがなぁ…w

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 夢日記 | HOME | そこで一言 »