田辺君と俺

2017.03.30.Thu.16:02

僕が小学校3年の時、田辺君という子と仲が良かった 

田辺君はユリゲラーの真似だ!と言って目の前でスプーンをグニャリ曲げた 

僕はスプーンをもとに戻そうとしたけど固くてダメだった 

その手品のタネ教えてよと頼んだけど、田辺君は教えてくれなかった

夏休みが終わり学校に登校してみると、田辺君の席がなかった 

クラスメートがチラチラ僕を見てた 

担任が出席を取った時、田辺君の名前を呼ばなかった 

田辺君は転校したのか?と僕は思った 

担任もクラスメートもなぜ田辺君について何も言わないのだろうと不思議に思った 

その時、担任が僕の名前を呼んだ、前に出てこいと言ったんだよ 

クラスメートたちがさらにチラチラ僕を見てた

誰も田辺君なんか知らないと言ってた 

教室の中に知らないヤツが堂々と座ってたので 

みんな気味が悪いからチラチラ見てたんだって 

知らないヤツとは僕のことさ 

自己紹介する前に席に座ってる僕を見て担任は 

なんて神経の太い子だろうと驚いてたんだって 

僕にはみんなで勉強した1学期の記憶がある 

その中には当然、田辺君とすごした記憶が鮮明にある 

でも先生やクラスメートの1学期の記憶の中には 

田辺君と僕は存在しない

関連記事
コメント

管理者のみに表示