あの神社は今

2017.04.20.Thu.21:11

俺が中学生だった頃の話。 

俺の住んでたところは片田舎でまばらな家とあとは山か田んぼだけ 

当時はオカルトブームでよくテレビで心霊事件や 

UFOの特集をしていたのを覚えている。 

ある日、クラスの男子数人でツチノコ探しに行こうぜって話になった。 

俺らは学校の裏のほうにある山に行った。ある程度歩いたと思う。 

ツチノコどころかロクに生き物を見つけることもできなかった。 

日が傾きはじめたころ、俺らの一人が小さな神社を見つけた。

俺らはそこで休むことにした。各々に水筒の飲み物を飲んだりお菓子を食べたりした。 

誰かが気づいた。この神社は蛇を祀っている神社だった。 

「ツチノコに関する手がかりがあるかも・・・」と思った。俺らは境内に登り、扉を開けた。 

そこには体長が3メートルぐらいあるような大蛇がいた。 

俺らは驚いて一目散に逃げた。どこをどう走ったのか、麓まではすぐにたどり着いたように思った。 

さっきまで昼下がりだったのにもう日は暮れていた。 

それ以来その山には行っていない。 

後で地図を見てみた。しかし、その山に神社を見つけることはできなかった。 

俺は今上京している。 

時々思う。もう一度その神社に行ってみたいと。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 予兆 | HOME | 人形を抱く客 »