霊を抑え込む

2017.04.21.Fri.21:13

高校の担任が体験した話です。 

担任の先生が大学へ入学し、 

寮に入ることが決まりました。 

初めて自室に入り、持ってきた荷物を整理しあらかた引越し作業が終わった時に 

寮の先輩が部屋に入ってきたそうです。 

その時にその先輩が教えてくれたのが 

『この寮かなりでるからw』と言うことでした。 

その時は『そうなんだ』程度で特に気にもしていなかったそうです。 

それから一週間ほどたちました。 

夜中に部屋の扉をコンコンとノックされて、出てみても誰もいない… 

みたいなことが2~3回あったそうです。 

どうせ先輩のいたずらだろうと思いながら、寝ようと布団に入っていたときです。初めての金縛りにあいました。 

金縛りになったことで、先輩の話は本当だったのかもしれないと思ったそうです。 

しかし、動けないだけで何もおこりません。 

怖くて閉じていた目を、恐る恐る開いてみると… 

自分の寝ている足元に女の人が立っていたそうです。無表情で。 

『これはヤバイッ!!』 

そう思った瞬間…女の人がそのまま自分の体に重なるように倒れてきました。 

もうなにも考えられません。パニック状態です。 

そしてその女の人が、自分の顔の10cm手前でビタッと止まりました。 

先生はとにかく怖かったそうなんですが、目をはなすことができなかったそうです。 

そしてふと、女の頭の上を見てみると 

自分の頭の後ろのほうから、腕が一本でてきていて 

その倒れこんできた女の頭を抑えていたそうです。 

それを見た瞬間先生は気を失ってしまって 

気づいたら朝だったそうです。 

あれはたぶん守護霊だったんだろうなぁって言ってました。

関連記事
コメント

管理者のみに表示