ユキオ

2017.04.26.Wed.16:10

ある男性が小学生の頃に体験した話である。 

小学校の頃、

俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。

その名のとおり、肌が白くハーフみたいで

ナヨっとした感じの男だった。

ユキオには両親がいなくて、

祖父母と暮らしているようだった。

俺たちは初め、

ユキオを面白がっていじめた。

いじめといっても自殺に追い込むような

悪質なものではなく、

すれ違いざまにエルボーしたり、

ユキオのいすにブーブークッションを置いたり、

今思えばかわいらしいものだったと思う。

もしかしたら、

ユキオ自身は辛かったのかもしれないけど…。

だけど、ユキオは俺たちのいじめに対して、

泣いたりオドオドすることもなくて、

いつも冷静に対応していた。

だからあまり面白くなくて、

自然と俺たちもいじめに飽きてしまった。

ユキオはしょっちゅう学校を休んでいた。

1週間のうち必ず1、2回、

多いときはそれ以上休んでいたと思う。

その頃、休んだ子の給食のパンを近所の生徒が

届けるという学校のルールがあった。

ユキオの近所に住んでいるのは俺だったので、

ユキオの家にしょっちゅうパンを届けに行った。

ユキオの家は古い木造住宅で、

いかにもじいちゃんばあちゃんちって感じだった。

庭には木が生い茂っていて日当たりが悪かった。

いつもおばあちゃんが出るので、

俺はパンを渡してすぐに帰った。

ある日、またユキオんちに

パンを届けに行ったときのことだ。

呼び鈴を鳴らすとユキオが出てきた。

本人が出たのはこれが初めてだ。

具合が悪いようで顔色が悪く、

元気がない様子だった。

俺を見ると、

ユキオは家で一緒に遊ぼうと誘ってきた。

「○○を買ってもらったから、一緒に遊ぼうよ」

そのゲームは俺が一度遊んでみたかったものだったので、

俺はユキオと遊ぶことにした。

ユキオの部屋はとても変わっていた。

壁にシールやステッカーがたくさん貼ってある。

なかには神社のお札みたいなものもあり、

俺はちょっと怖くなった。

「この札みたいなやつ、なに?」

「おじいちゃんとおばあちゃんがお札を貼るんだ。

でもちょっと怖いからいろんなシールを貼って

あんまり目立たないようにしてるんだ」

「怖いならお札なんて外せばいいじゃん」

「だめだよ、おじいちゃんに怒られるよ」

ユキオが下を向いて黙ってしまったので、

この話はやめて例のゲームで

1時間くらい遊んでから帰った。

次の日もユキオは学校に来なかった。

担任の先生が言うには、

欠席の連絡がなかったようだ。

先生が心配して俺に様子を聞いてきたので、

ユキオは具合が悪そうだったと答えた。

その日も帰りにパンを届けに行って、

ユキオの部屋で一緒に遊んだ。

ユキオはオモチャをたくさん持っている。

俺の親はオモチャなんて

数えるほどしか買ってくれなかったから、

「じいちゃんばあちゃんが買ってくれるんだろ、

いいなー」

と言った。

するとユキオが

「お父さんとお母さんが買ってくれたんだ」

と答えた。

「お前のお父さんとお母さんってどこいるの?」

「いないよ」

ユキオが寂しそうに言った。

「なんで?」

「交通事故で死んだんだ」

うつむくユキオを見て、

俺は何だかかわいそうになって話を変えた。

「明日は学校来いよな!」

「わかんない」

「…先生が休むときは電話しろって」

「ゴメン」

「俺に謝ってもなー。

おじいちゃんとおばあちゃんはどこにいんの?」

「奥の部屋にいるよ」

「じゃあ、そう言っとけよな」

「…眠れないんだ」

「急にどうしたんだよ」

「お父さんとお母さんが夢に出てきて、

僕を呼ぶんだ」

「・・・・」

「ユキオって僕の名前をずっと呼んでて、

なんだか怖くなって眠れないんだ」

「・・・・」

「昨日は腕をつかまれたし、

僕を連れて行くつもりなんだよ」

俺は急に鳥肌がたってきて、

もう帰ると言った。

ユキオが俺を引き止めるので、

「怖いって言われても、

俺も泊まるわけにはいかないし…」

「なんで?」

「お母さんが心配してるから…」

そう言って、内心いけねえと思った。

ユキオは下を向いて泣きそうな顔をしていた。

俺はどうしていいかわからなくなって、

「じゃあな」と言ってユキオの家を飛び出した。

次の日もユキオは欠席だった。

先生も心配して、

帰りに俺と一緒にユキオの家へ行くことになった。

呼び鈴を鳴らしたが、誰も出ないし声もしない。

ドアには鍵がかかっていなかったので、

恐る恐るドアを開けてみると異様な臭いがした。

先生は急いで部屋に上がり、

ユキオの部屋へ向かった。

ユキオの部屋には誰もいない。

部屋を出ると、右手の奥に部屋があった。

ユキオが言っていたように、

おじいちゃんおばあちゃんがいる部屋なんだろうと思った。

先生が奥の部屋に入り、襖を開けた。

そのとたん先生は立ちすくんで、

俺に見ないように言った。

しかし、その一瞬の間に先生の体ごしに

部屋の中が見えた。

そこには血まみれになったユキオがいた。

それから先生は急いで警察を呼んだ。

次の日、ユキオとおじいちゃんとおばあちゃんが

亡くなったことを先生がクラスのみんなに伝えた。

詳しいことは何も言っていない。

ただ、死んだということを伝えた。

俺はユキオの死を受け入れられず、

先生にユキオの夢の話をした。

先生は黙って聞いていた。

そして、誰にも言わないことを約束に、

ユキオの両親のことを話してくれた。

ユキオの両親は自殺していた。

一家心中を図ったのだが、

ユキオだけ助かったそうだ。

そして、おじいちゃんおばあちゃんのところへ引き取られた。

俺は不思議と驚かなかった。

数日後、俺は警察に呼ばれて

ユキオの家へ行った時の話をした。

ユキオの夢のことも話した。

警察は俺の話をなかなか信じてくれなかった。

「本当に君はあの家に行って、

ユキオ君本人からその話を聞いたの?」

「うん、間違いないよ」

警察は困った顔をしていた。

その後、先生が呼ばれて

警察となにか深刻な話をしているようだった。

先生が俺のそばに戻ってきて、

しばらく考えてから言った。

「俺とお前がユキオの家に行っただろ…」

「先生、俺は大丈夫だから言ってよ」

「…あの時、

ユキオ達は亡くなってから3日経っていたんだ」

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 出前 | HOME | ドアノブ »