肝っ玉おかん

2017.05.02.Tue.21:14

以前、つきあってた彼女に聞いた話。 

小学校4or5年生くらいの頃、夜中に枕もとに気配を感じ目を覚ますと白装束に狐の面(よくお稲荷さんなんかにある白地に赤や金で目鼻が描かれたもの)を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。 

何をするわけでもなくじっと見つめるだけのその何者かは、確かに人の形はしていたものの明らかに人間ではないのがはっきりと判った(ソースは本人にも不明)といいます。 

恐さでたまらず泣き出すと隣の部屋からお母さんが来て「シッ!シッ!でていきな!!」(ワラタ)と猫や犬を追い払うそぶりをすると黙って消えたそうです。 

後日お母さんにその夜の事を聞くと「あぁ?ありゃ狐だYo!」とあっさり流されそれ以上聞かなかったそうです。



関連記事
コメント

管理者のみに表示