見える子

2017.05.04.Thu.16:07

その友人親子は夕方に近くの公園まで

散歩をするのが日課でした。 

友人の仕事の関係上、

いつも日暮れ前には帰宅していましたので、

夕食ができるまでの間に、

4歳になる息子と毎日遊んであげていたそうです。 

友人が言うには、

その子は少し変わった所があるようでした。

初めて歩く場所で、「ここは行きたくない」と

歩道橋の前に座り込み、

意地でも動かない事がありました。 

根負けした友人は、

仕方なく遠回りして横断歩道へ向かいましたが、

その時に 何気に歩道橋を見ると、

お花とビールが添えてあったり、

前を走っている自転車に 向かってイキナリ指をさし、

「あっ!」と叫んだかと思うと、その自転車が転んだり。 

友人はその子の不思議な何かに気がついてはいましたが、

本人があまり意識を しないように

あえてその話には触れずに、

幼稚園の友達の事や、

毎日の出来事などを話しながら、

楽しい散歩を心掛けていたそうです。 

そして問題の日。

いつものように公園に遊びに行き、

友人は公園のベンチに腰をかけ、

タバコをふかしながら息子がジャングルジムや

滑り台で遊ぶのをぼんやりと見ていました。 

すると、そこに見かけない男性がやってきて、

友人の隣に腰を掛けました。

特に 何を話すわけでもなく、

軽く会釈をしただけで2人は黙って座っていました。

ふと 息子を見ると、

息子は滑り台の上でじぃっとこちらを見ていました。

さっきまでは夢中になって走り回っていたのに、

食い入るように2人が座るベンチの方を見ているのです。 

「?…なんだろ?」

友人はそう思いましたが、

別段、気にも留めずに時計を見ると、

夕食にちょうど良い時間になっていたので、

友人は手を振って子供を呼んだそうです。

しかし、 息子は首を横に振ってこちらに来ようとしません。

「ん?またか…。今度はなんだろう…。

まさかこの男性がお化け?

そんな訳は無いよな、

霊感のまったく無い俺にもはっきり見えるんだし。ハハハ」

友人はそう思いつつも、

その男性が本当にお化けじゃないかを確かめるために、

さりげなく、しかしハッキリと確認したそうです。

「足はついてるな…。

実体感もあるし。…気のせいか。」

結局息子はこちらに来ないので、

滑り台の所まで 迎えに行き手を差し伸べたそうです。

「帰るよ。」

そう言いながら息子の手を取ったのですが、

氷のように冷たくなっていた息子の手に、

友人は一瞬ギクリとしたそうです。 

公園の出口で振り返った時には、

その男性の姿は無かったそうです。

息子と手を繋いだ まま帰り道に向かっていると、

その小さな手にギュっと力が加わったので、

友人はなんとなしに周囲を確認しました。

すると、前方の公園の角から

先ほどの男性が歩いて 来ます。

道に迷ったようでキョロキョロと周りを見回していました。

そしてこちらに気が付くと、

まっすぐこちらに歩いてきました。

友人が軽く会釈をして通り過ぎようと したところ、

「○○○駅はどちらの方向ですか?」

と話し掛けてきたので、

行き方を教えてあげるとその男性は礼も言わず、

走っていったそうです。 

その男性が現われてから、

息子が力いっぱい手を握っていたのを

友人は知っていました。

男性が去った後に気づいたそうですが、

手は汗でびっしょりで、

小刻みに震えていたそうです。

そしてその男性の姿が完全に見えなくなったときに、

息子が言ったそうです。 

「…ねぇパパ…。

さっきのおじさん、

どうして血だらけのおばさんと一緒なの?」 

翌日の朝刊で、

その男性が指名手配された殺人犯と知ったそうです。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 生霊 | HOME | 警察官の無念 »