深夜の田舎道に現れた男

2017.05.29.Mon.11:15

2年前に体験した話なんだけど、平日の夕方に親戚の家に親と遊びに行ったんだけど、 

次の日、学校って事もあって11時過ぎに帰る途中で・・・。

親戚の家を出て20分たった頃、既に12時前、回りには街燈も無く畑しかない、田舎道 

前をよーく見ると道の端に普通の男が立ってた。「こんな時間におかしいな」って 

思って気味が悪いからあまり見ない様に通り過ぎようとした瞬間、事件は起きた 

その男は、車と平行して一緒に走っている。

「うわっ」といった瞬間その男は・・・ 

車の左前輪に頭から突っ込んできた。親は、右にハンドルを切って止まったけど 

確実に何かに乗り上げた感触はあった。母親は、半泣きで「人轢いちゃったよお」って 

完全にパニック状態、一応「落ち着け、落ち着け」と言って轢いた男見ようと後ろを見た瞬間、 

男は、立ち上がってこっちの方に猛ダッシュ。車を抜きこっちを見ながら走り去って行く 

俺は、車から降りて「ちょっと待てよー」と大声で叫んだが聞こえていない様子 

そのままどこかへ消えてしまった。親と話し合い、ひき逃げと思われたら大変な事になると思い 

警察へ行った警官の人と現場検証したけど、血の跡とかが全くない。残っているのは、

タイヤの跡だけ、警官は、当たり屋だとは全然思っていない感じだった。話をよく聞くと 

「こうゆう奇妙な話は、いくつかあります」て言い出した。とりあえずその日は、帰った。 

次の日、その地元の仲間に話をすると「俺の親の友達も同じ事があった」っていってきた 

その内容は、俺と全く同じだそうだ。詳しく話を聞くとその現場の近くには養護学校があり 

俺が体験した様に養護学生が、自殺しているらしい。しかも何人も・・・。その瞬間やっと実感できた 

それが始めて見た幽霊だと思います。未だに被害届けも届いてないらしいし。これはマジ話です。 

それ以来ちょくちょく見る様になっちゃいました。 

関連記事
コメント

管理者のみに表示