弟の誕生日

2017.06.12.Mon.21:15

弟の10歳の誕生日。僕はその二ヶ月前に12歳になっていた。

家族でささやかなパーティー。父母僕弟の四人で、テーブルに置かれた、

普段よりずっと豪華な食事を囲んだ。 

テーブルの真ん中にはケーキ。甘いものが好きな弟は何より先にそれを食べたがった。 

10本立てたロウソクに火がともる。 

明かりを消そうねと言って母親が立ち上がり、蛍光灯の紐を引いた。 

ドーナツ型の蛍光灯が、はじめは二つ点いている。一回引いてその一つが消える。 

二回目に紐を引くと、二つめの蛍光灯が消えて、代わりにオレンジ色に光る小さな電球がともる。 

夕暮れよりもう少し暗い、オレンジ色の薄闇の中に、ロウソクに照らされたテーブル、

それから家族の顔がぼうっと浮かぶ。 

もう一度紐を引いて部屋を暗くしようとしたとき、せっかちな弟が力み返った息を吹き出して、

ロウソクの火を全部消した。 

母親が紐を引くのが、それと同時だった。 

カチ、と音がして明かりが消え、同時に弟の息で火も消え、つまりそこは真っ暗闇。 

カーテンの隙間から漏れるかすかな外の明かりが、やけに遠くに見える。 

暗くしてからロウソクを消す、という段取りが頭にあった僕達家族は、一瞬呆然とした。 

弟は弟で、火を消したつもりが部屋ごと真っ暗になって黙り込んだ。 

ここで母親がすぐに紐を引いて、もう一度明かりをつけてくれればよかったのに。 

驚いた母親は紐を放してしまった。

母親が手を動かして紐を探すのが気配で分かる。 

誰も喋らない。 

だが何かが喋っていた。 

「軟らかい上り坂。平らな道。急な坂。丸みを帯びた壁。途中に半開きの扉。

上ると、てっぺんはさらさらした野原。」 

「野原を抜けると、丸みを帯びた崖。途中に半開きの窓。下ると、坂、平らな道。

軟らかい下り坂。」 

手のひらで撫でられる感触があった。二の腕をのぼり、肩から首へ滑っていき、

首から顔の横をのぼって、途中耳に触れて、髪の毛を撫でる。 

反対側を、今度はそれと逆の順で下っていく。 

「下りてきた。冷たい、硬い道」 

テーブルの上を手のひらが這う音。 

「上り坂。さっきより軟らかい」 

隣の弟が体を硬くするのが気配で分かった。 

「坂を上ると平らな道。さっきより短い。急な坂。丸みを帯びた壁。途中、半開きの扉に、

おや、鍵穴があったのか」 

「あああああ」と弟が悲鳴を上げた。椅子もろとも床に倒れる音。 

「なおきなおきなおき、なにしたの」と母親が叫んだ。「どうしたんだなおき」と父親が怒鳴った。

母親がようやく、紐をつかんだ。しかし動転しているのか、めちゃくちゃに紐を引きまくる。

十回も二十回も。 

明かり、弱い明かり、薄闇、暗闇。カチカチ、音を立てて目の前の光景が色を変える。 

ひとつづきのはずの視覚が、コマ送りになる。 

そのコマ送りに乗って、カチ、カチ、と弟がテーブルから離れていく。 

カチ、5センチ。カチ、10センチ。カチ、15センチ、カチ、真っ暗。 

弟は耳から血を流して、横ざまに倒れて体を縮めていた。 

カチ、20センチ。カチ、25センチ。カチ、30センチ、カチ、真っ暗。カチ、カチ、カチ、

カチカチカチカチ 

やがて弟は部屋のドアのそばまで来た。母親がまた紐を引いた。カチ、真っ暗。 

最後のカチと一緒に、ブツ という音がした。真っ暗のまま、蛍光灯の紐が切れたのだ。 

母親が手を止めた。そして、その体が闇の中でゆらめいて、テーブルの上に倒れた。 

食器の砕ける音の中、「こわいよおこわいよお」という弟の声が遠ざかっていった。 

僕は長いことじっとしていた。母親は気を失っているようだった。 

ひとりそこを離れた父親が、手探りで見つけた懐中電灯で部屋を照らした。 

ドアを照らし、あけると、廊下が暗い。 

「廊下の電気はいつもつけているのに」と父親が言って、部屋を出た。 

暗い中動く気配があって、懐中電灯の光の筋が踊った。 

「あった、スイッチだ」 

カチ、と音がして廊下の明かりがついた。壁に遮られて半分しか見えない父親がこっちを見た。 

僕もそっちを見た。手首から先だけの薄い手のひらが、指先をこっちに向けて

父親の右の耳を覆っていた。

関連記事
コメント

管理者のみに表示