青いクレヨン

2017.07.20.Thu.21:15

ある夫婦が郊外にある中古の家を買った。

郊外だが駅までは近いし近所にはスーパーなども多いし日当たりも良好。

それに値段が格安といっていいほどの絶好の物件だった。

友人たちに引っ越しを手伝ってもらい、飲み会をしたあとに遅いのでその日は友人を含めて一緒に新居で寝ることにした。

しかし、夜中バタバタバタ……子供が廊下を走るような音を聞いて何人かが起きた。

気のせいだと思ってまた寝ると、今度は子供の話し声が聞こえて目が覚めてしまう。

そのために朝まで熟睡できたものは誰もいなかった。

誰もが夜に体験したことを不思議がった。

そして思った。この家には何かある―と。

全員で廊下を調べていると、青いクレヨンが落ちていた。

もちろん夫婦のものでも友人たちのものでもない。

そして、とてもおかしなことに気がついた。

この家の間取りが奇妙なのだ。

クレヨンを拾ったあたりの廊下は突き当たりになっているが、

家のつくりを考えるとそこにはもう一部屋分のスペースがあるはずなのだ。

壁を叩くと中に空洞がある音がする。

壁紙をはがすと扉が現れた。

おそるおそるその扉を開ける。

もしかしたらとんでもないものがあるのではないか……

しかし、部屋の中には何もなかった。

ただ部屋の壁すべてに青いクレヨンでびっしりとこう書かれていた。

おとうさんおかあさんがごめんなさいここからだしてください

おとうさんおかあさんがごめんなさいここからだしてください

ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして

ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして

ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして

ここからだしてここからだして……

関連記事
コメント

管理者のみに表示