切断強盗

2017.07.25.Tue.21:15

ある女性が雑踏の中で突然悲鳴をあげ、その場にうずくまった。そして、そのままの姿勢でうめき声を上げ続けている女性を心配して声をかけた人は思わず息を飲んだ。その女性は、指を切り落とされていたのだ。

あとから分かったところによると、その女性は高価な指輪をしていた。そして、道でたまたま出会った男にその指輪を指ごと奪われたということだった。

 また、別の男性は車を運転中、車の窓から腕を出しているところを後ろからやって来た何者かに、工業用のカッターのようなもので腕を切断された。この男性は、高価な腕時計をしていた。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 臨床実習 | HOME | 鉤手の男 »