紫鏡

2017.08.01.Tue.16:15

「紫の鏡」、この言葉を20歳になるまで覚えていると、死んでしまうという。

それは、この言葉に隠された呪いのせいだといわれている。

昔、とあるいたずら好きの少女がいた。

その少女は、両親からもらった大事な手鏡に紫の絵の具を塗った。

しばらくすればとれるだろうと思っていた少女だが、どうしてもその絵の具が剥がれなくなった。

そして、そのことを後悔し続け少女は「ムラサキカガミ……ムラサキカガミ……」と呟きながら

20歳の誕生日の日に亡くなってしまった。

その日以来、少女の念が「紫の鏡」という言葉に乗り移り、20歳になるまでこの言葉を覚えていた者は呪われ、そして死んでしまうという……

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 白い手 | HOME | だるま »