天使の数に関する都市伝説

2017.08.06.Sun.21:15

中世の学者の計算によれば、天使の数は全部で 301,655,722 人であるという。しかし別の人の説では神が息をする度に天使が生まれるともいう。また天使の数は必ず人間の数より多いともいわれ、ある説では一人の人間に11,000人の守護天使が付いているともいわれる。

ゾロアスター教では、この世界にはフラワシと呼ばれる精霊が多くいるとされ、その数は99,999人であるとされる。日本では神様がやおよろず(八百万)いると昔から言われている。

関連記事
コメント

管理者のみに表示