沖縄の妖精都市伝説

2017.08.07.Mon.11:15

沖縄で一番ポピュラーな妖精キジムナー(妖怪)。

大きなガジュマルの樹の上に住んでいるらしい。寂しがりやでけっこう人間にちょっかいを出す事も有るらしいけど、そんなに悪さをするわけでもなさそうなんで、適当に付き合ってやるのがいいはず。

何でも、魚の方目が好きで、ウミンチュの仕事についてきて、目だけ食べたりするらしい。外観は、子供くらいの背丈で、色は黒っぽく、髪は赤。今でも、時々彼等のうわさを聞いたりします。

沖縄の小説や漫画にもよく登場し、結構人気者だったりしています。

メジャーな所では、「宇宙の皇子」と言う本の名脇役として登場したりもしています。

関連記事
コメント

管理者のみに表示