カブレラ・ストーン

2017.08.09.Wed.21:15

ペルーのナスカ平原の近くのイカという町から出土した、約12000年前の古代の遺物石で、それらには多くの恐竜が描かれている。カブレラ・ストーンには、多くの絶滅したはずの恐竜たちの絵が描かれ、また人間が恐竜に乗っている絵や餌付けしている絵、さらには人間が武器を持って恐竜と戦っている絵もある。

また、心臓手術や頭部手術の様子、世界地図、天体望遠鏡で宇宙を観測する人などの、当時ではありえない事が描かれている石も見つかっている。

関連記事
コメント

管理者のみに表示