リ●ちゃん人形

2017.08.12.Sat.11:15

ある女の子が遠くへ引っ越すことになった。

引っ越すときに女の子は子供のころから大切にしていたリ●ちゃん人形を手放さなければならなくなった。

泣く泣くリ●ちゃん人形を捨てて、女の子は新しい街へ移り住んだ。

新しい環境での生活にもなれた女の子はその日も学校から家に帰ってきた。

女の子の両親は共働きで、帰っても家には女の子しか居ないのだ。

家に帰るとすぐに電話のベルが鳴った。誰だろう?と思い電話を取ると

「私、リ●ちゃん。今●●にいるの。これからあなたのところに帰るわ。」

という声が聞こえた。人工的なまるでロボットのような声だ。

●●という地名は女の子がかつて住んでいた場所である。

それからしばらくたつとまた電話が鳴った。

「私、リ●ちゃん。今■■にいるの。」

■■とは女の子が今住んでいる家の最寄り駅である。

女の子は怖くなって電話を切った。

しかしまたすぐに電話が鳴った

「私、リ●ちゃん。今あなたの家の前にいるの。」

「あなた誰なの?ねえ、誰なのよ!」

女の子の問いかけに電話は切れた。こんな日に限って両親はまだ帰ってこない。

おそるおそるカーテンを少し開いて外を見るが、何も人影は見当たらない。

少し安心した女の子のそばで電話が鳴った。

「私、リ●ちゃん。今あなたのうしろにいるの・・・」

関連記事
コメント

管理者のみに表示