夜のサッカー部員

2017.08.12.Sat.16:15

とある小学校での出来事―

時計の針も8時を周り、その日も学校を閉めることになった。

最期まで職員室で仕事をしていた教師が荷物をまとめ、

校門を出ようとすると、校庭の隅で誰かが走っているのが見えた。

「おーいなにやってるんだー?」

と教師が走り回る人影に声をかけた。すると、そのかげはこちらへむかって走ってきた。

「もう学校は閉めるぞー、早く門から出ろー」

どうやら残って練習をしていたサッカー部員だったようで、ドリブルをしながらやってくるのがわかった。

だが、こちらへやってくる人影がはっきりと見えた瞬間、教師の顔から血の気が引いた。

そのサッカー部員にはあるべきはずの首がなかった。

そして、ドリブルしているボールだと思っていたものは彼の生首であった。

硬直している教師に近づいた彼はボール、いや生首を教師の頭に向かってパスを出した。

関連記事
コメント

管理者のみに表示