夢と違う

2017.08.13.Sun.16:15

ある女子高生が夢を見た。

学校から帰る途中、変質者に襲われてナイフでめった刺しにされるという夢だ。

それは起きてもはっきり覚えているほどの鮮明なもので、学校に行っても忘れることができなかった。

そして下校時、彼女は夢の中で変質者に襲われたあたりに差し掛かった。

『すごく嫌な予感がする……』

不安で我慢できなくなった彼女は、母親に車で迎えに来てもらうことにした。

待ち合わせ場所のコンビニで雑誌を立ち読みしていると、急に視線を感じて顔を上げた。

店の外には、昨日の夢に出てきた変質者が立っていた。

変質者はこちらを睨みつけ、いらだった様子で吐き捨てた。

「夢と違うじゃねえか!」

関連記事
コメント

管理者のみに表示