FC2ブログ

カシマさん

2017.08.23.Wed.16:15

カシマさんはその性質上、つかみ所のない特異的な妖怪といえる。

「カシマさん」はアメリカ人にレイプされた女性であったり、北海道の線路で腰から上を切断された女性であったり、

学校のトイレに出現したり、また女性ですらなく軍服の男性であったりもする。

「カシマさん」という単語だけが一人歩きをし、そのパターンは無数に存在するのだ。

大まかなパターンは次のようなものになる。

1、カシマさんの話をする。

(ここが無数にあり、カシマレイコさんという方が不幸に遭いなくなってしまう話や、カシマさんが事故などで体の一部を失ってしまうパターンなどです。)

2、この話を聞いた人はカシマさんが、話を聞いた人の家にやってくるか、夢の中に出てくる。(話によって変わるが、その日の夜から1ヶ月以内)

3、そのときにカシマさんは聞いた人間になぞなぞのような問いかけをする。(このパターンもいくつかある。)

4、3で質問されたことや謎かけに答えられない場合、カシマさんはその人間の体の一部を奪ってしまう。

というものです。3の質問には決められた受け答えや、場合によっては呪文を唱えることで回避することができる。

代表的な呪文は「カシマさん、カシマさん、カシマさん」と唱えるもの。

代表的な受け答えは「私の名前はなあに?」というカシマさんの質問に対して、「カシマレイコさんです」と答えること。

場合によってはカシマさんの漢字まで答えるパターンがあり、そのときは「カは仮面の仮、シは死人の死、マは魔界の魔」と答えなければならない。

関連記事
コメント

管理者のみに表示