臨終の光景

2017.09.15.Fri.11:15

昔、つき合ってた彼女と夏の夜道を歩いていたら、

突然、アッと言って立ち止まり、

かたわらの家の生け垣を気にしてる。

どーした、何かあったか?と聞いても、

ウーンとか言って答えない。

すると、その生け垣のある家から、

突然、何人かの女のしぼり出すような泣き声がした。

えっ、と思って生け垣の隙間から中を覗くと、

庭の向こうに木造平屋の古い家が見え、

縁側に面したガラス戸が開け放たれていて、

畳の部屋に布団が敷かれ、

その周りを5~6人の男女が囲んでいる。

一人、背広を着た男が

布団の中の老人らしき男の腕をつかみ、

首を振っている。

ああ、ご臨終だ、と一目でわかる光景だった。

すると、オレの肩越しに家を覗いていた彼女が、

突然、オレのTシャツの裾をつかんで、逃げようとする。

マジで怖がっている。どうした、

と尋ねると、しゃにむに走り出した。

オレも何となく気味が悪くなり、彼女の後を追った。

その家から、かなり遠くまで走り、

駅前の繁華街に近くなったあたりで、

やっと彼女は立ち止まり、涙目でオレに言うことには、

死んだ老人の霊みたいなものが、

自分の死体を見下ろすように立ち上がり、

すうっと宙に浮かんだ。

そして、ゆっくりと彼女の方へ顔を向け、

にんまり笑ったという。

目と目があったその老人の目が、黒目だけだったそうだ。

そりゃ、逃げるわな...。

ちなみに、オレは何も見えませんでした。

関連記事
コメント

管理者のみに表示