心霊番組

2017.09.18.Mon.16:15

俺が心底怖かったのは、

いささか古い話だが、

俺が中学生の時、夏になると好きな心霊スペシャル番組をよく見ていた。

番組自体はよくある心霊スポットにレポーターが霊能者と行くやつ。

それをスタジオでゲストがあーだこーだ無責任なコメントをする。

番組自体は今の心霊番組とほとんど同じで、

当時の俺は怖かったが、今見たら、たわいない内容だと思う。

番組はこんなありふれた内容だったのだか変なのは、

心霊スポットのレポートが終わってから司会者が、

「この人たちは身元不明の人たちです。」

といくつかの写真を見せる。

身元不明の人の写真を見せるのだが、その写真に写っている人はどう見ても変だ。

変というか、生気が無い。

目に光りが無く、顔が妙に膨らんでいる。

顔色も青い。

司会者によると、この人たちはある海岸で水死した人たちだそうだ。

そう、水死体の写真を視聴者に見せて、誰かこころあたりが無いか聞いているのだ。

水死者の写真はよく撮れていて、一見、普通の写真に見える。

だが目の色や顔の膨らみまで抑えきれない。

心霊番組を見せてから水死者の心当たり聞くのも変な話だが、

普通、テレビで水死体そのものを見せるのだろうか?

当時はテレビに電話する奴もないし、

新聞の投書欄にこのことで問題になったこともなかったから、

当時(1970年代前半)は問題にならなかったのだろうが、

俺は気分が悪くなって吐き気を覚えた。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 採石場 | HOME | パチパチ »