子供の話

2017.10.14.Sat.21:15

今年小学校に入った息子。

3歳の時、交差点で急に道路へ飛び出しそうになって青ざめたことがあった。

「ネーネがね、おいでってしてたの」

道路に飛び出したらダメだと諭している時、息子がこう言った。

道路の向こうで、お姉さんがにこにこしながら

こっちへおいでって話しかけていたんだそうな。

同じ歳の夏のこと、友達の家に彼を連れて遊びに行った時。

私と友達はリビングで雑談、息子は友達の子と一緒に隣の部屋で遊んでいた。

と、急に大泣きしながらリビングに入ってきた息子、

「あっこからジージが来たのー」

と、隣の部屋の仏壇を指さした。

友達の娘は怪訝な顔をして外を見ていたけど、こちらを振り返って

「じちゃん、あこから出てったよ」

と、縁側に続くサッシの戸を指さしてこう言った。

田舎へ遊びに行った時には井戸の前で誰かと会話をしている姿を

義父が目撃するし、誰もいない方向に向かって吠える犬に

「メンメ!ネーネにワンって言っちゃダメよ」

とか言ってるし。

この年にはこんなことが数知れずありました。

・・・今はそんな過去を忘れたの如く、

訳のわからん発言や行動をすることもなしに元気にガッコに通ってます。

関連記事
コメント

管理者のみに表示