FC2ブログ

冬登山

2017.10.28.Sat.21:15

数年前、私がとある雪山で体験した恐怖をお話しようと思います。 

その当時大学生だった私は山岳部に入り、仲の良い友人も出来て、充実した大学生活を送っていました。 

山岳部の中でも特に仲の良かったA男とB輔とは、

サークルの活動だけでなく、実生活の方でも非常に親しくなることが出来ました。 

そんな私達はまだ大学2年生であり、就活や卒論までにはまだまだ時間の余裕があったので、

2年の後期が終了するとともに、3人で旅行に行くことに決めました。 

当然のように私達の旅行というのは、登山の絡むものとなりました。 

当時何度かの冬登山の経験を積んでいたとはいえ、

まだ私達は自分たちだけでリードできるほどの自信は持っていませんでした。 

そこで私達は、A男の実家近くのK山に登ることにしました。 

K山ならばAも子供の頃から何度か登っており、自信があるというのです。 

私達の旅行は3泊4日の予定で、初日にAの実家に泊めてもらい、翌日から2日かけて山を堪能する計画にしました。

Aの地元に着いた私達は、Aに案内をしてもらい、

市内の観光がてら、神社で登山の安全祈願をしに行くことにしました。 

地元で最大の神社にお参りをしようと境内に入った時に、Bがピタリと足を止めてしまいました。 

どうしたのか不思議がる私達に、Bは「嫌な視線を感じるわ…良くないわこれ…よくない…絶対」と言って、

冬だと言うのに汗をかき始めてしまいました。 

Bはいわゆる『みえる人』です。 

普段の生活では、あまりそれを表面に出す事無く生活しているのですが、

何か大きな危険や不気味で不穏な気配(本人は見える気配と言っていました)を感じると、

このようになってしまうのです。 

実際に以前Bが「明日嫌だわ」と言った翌日に、学校の天井を突き破って死者の出る事件がありました。 

私達はそれを知っていたので、

「じゃあ、もう帰って温泉につかってゆっくりしようぜ」というAの提案に乗って、帰宅することにしました。 

書き忘れていましたが、Aの実家は温泉旅館を経営しています。 

帰宅途中もBはあまり浮かない顔をして、何か「ぅん来んなよ…ぅん」などと言っていた気がします。 

AもBを気にかけて、

「大丈夫だよ。俺のじいちゃんから、悪いのを追っ払う方法聞いておいてやるからな!」

と言って励まそうとしていました。 

ちなみに、Aが帰宅してからお爺さんに聞いた追い払う方法と言うのは、

大きな声で「喝っーーーーーーーーーーー!」と気合を霊にぶつける方法でした。 

あまりにアホ臭かったのですが空気は和み、私達は温泉につかり、翌日に備えて早めに床にもぐりこみました。 

翌日の天気は快晴、絶好の登山日和となったK山に、私達は興奮を抑え切れませんでした。 

前日はずっと心配そうな顔をしていたBも、この時は『早く登りたい!』という気持ちが顔から溢れていました。 

私達は午前8時に出発し、順調に登山を開始しました。

冬の山は一見殺風景ですが、時間や高度によって変わる空気の味や、白い世界に際立つ生命の痕跡など、

普通の登山とは違った楽しみが存在します。 

私ももう一つの趣味の写真などを楽しみつつ、非常に充実した時間を過ごしていました。 

私たち3人は、午前中を各々が山を楽しむ形で歩き続け、中腹にある山小屋を目指して登っていました。 

空気が変わったのは、ちょうど昼頃を回った時でした。 

天気は晴れたままだったのですが、空気が固定されたように感じ、

動きや気配と言うものが、消えてしまったかのように感じたのを覚えています。 

それまでは、Aを先頭にかなりゆったりとしたペースでB、私と続くように歩いていました。 

ところが、その静止した空気を私が周囲に感じ始めた頃から、Bのペースが俄然速くなりました。 

雪山と言うのは、パッと見はまさに死の世界です。

私は、このままAとBに置き去りにされ、何も無い白の空間を彷徨う恐怖を感じ急いで追いかけました。 

幸い置いて行かれることは無かったのですが、追いついたBの様子が変です。

その頃にはAも心配して、Bの様子を見に少し降りてきていました。 

Bは蒼白な顔で、「ダメだわ、付いて来ちゃったダメだ。よくないって…だめだめだめだ」と呟いていました。 

私達も昨日のあれなのかなと思い、二人で顔を見合わせていると、

Bは急に顔を上げ、「後ろ見んなよ!後ろみんなよ!」と言った後、

「ごめん!昨日のあれ、付いてきてるみたいだわ。俺怖いよ。やばいよ」

と言って、今にも泣き出しそうな顔になりました。 

私には霊感が無いので、その時は後ろを見ても何も見えないだろうと思い、

Bの忠告を無視して後ろを見てしまいました。 

すると、『それ』がいました。 

私達の後ろ50メートル程の所に、何か人ではない何かがこちらをじっとうかがって見ています。 

Aを見ると、Aも同様のものを見てしまったようで、顔が固まっています。 

私は始めて見る心霊現象に驚きつつも、それを観察していました。 

頭は縦に長く、黒い髪が顔全体にかかっているようです。

シルエットは少し膨れた人間のようなものなのですが、

白い毛が体全体に生えているのか、それとも体がかすんでいるのか、ぼんやりとしか見えませんでした。 

何より、気配や存在感が明らかに人ではありませんでした。明らかに周囲の世界や雰囲気から浮いているのです。 

『それ』が動きもせずに、じっとこちらを見上げてたたずんでいるのです。

不思議なことに私は、『それ』から緑の視線を感じていました。 

説明が難しいのですが、緑色の視線としか形容できないものです。 

Bは「ダメだろあれ?もうあかんだろ?」と何やら錯乱しているようで、ほとんど泣いていました。 

Bの恐ろしさが伝染したのか、私もAも泣いてしまい、

泣き顔で「諦めんなよ!」やら、「逃げるぞ!」などと、お互いを叱咤しました。 

幸いそれと私達の間にはまだ距離があったので、私達は大急ぎで中腹の山小屋まで急ぐことにしました。 

山小屋には常に人がいるはずですし、何より、

『それ』のそばを通って下山するのは、恐ろしいことのように感じたからです。 

3人で30分ほどハイペースで登っていたのですが、『それ』らは一向に距離が開きません。 

ぴったり50メートルほどを保ちながら、こちらを追い詰めるように悠然と追いかけてくるのです。 

今にして思えば、それは歩いていませんでした。

私が振り向くたびに、必ずそれは両足をそろえて直立していたからです。 

それは追っていたのではなく、背後50メートルに『あった』と表現する方が正しいかもしれません。 

私達は次第に、精神的に追い詰められてゆきました。 

そこからしばらく行ったところで、

Aは「こちらに近道がある!」と、普段の観光用のぐるりと回った登山道を離れ、

少し細い脇道に入っていきました。 

が、思えばこれが間違いでした。 

細い脇道は、夏の間は管理用として使われているのかもしれませんが、

冬の山では雪が降り積もり、細い道は非常に見難かったのです。 

私達はいつのまにか、道をはずれてしまったようでした。 

また最悪なことに、あれほど晴れていた天気が2時を回った頃から急転し、今では深深と降る雪になっていました。

時間もいつのまにか午後4時を回っており、私達はかれこれ3時間以上を『それ』から逃げ続けていました。 

冬の山の夜は早いです。

既に日も落ちつつあり、気のせいか雪も激しさを増しているような気がします。 

道を外れた迷子の私達は、いつの間にか30度を越える急斜面を横に横に逃げていました。 

もうこの頃には、山小屋へ行こうだとか、道を探そうなどという考えは無く、

ただひたすらに後ろから逃げるという、本能のみで動いていたように思います。 

しかし、無理な行軍や精神的なストレスは、私達の体を着実に蝕んでいました。 

ついに真ん中を歩いていたBが、足をもつれさせるようにして倒れたのです。 

私もAも急いで駆け寄りました。

Bは「ダメ俺ダメ。もうダメだ。歩けないわ。先に行ってくれよ、追いつくからさ」

と、うわ言のように呟いています。 

恐らく、『それ』の気配をBは前日からずっと気にしていたのでしょう。

Bの疲労は尋常ではないかのように見えました。 

更に、誤ったペース配分の行軍が、脱水症状も引き起こしているように見えました。 

現実的に、ここからBが歩くのは無理です。 

私とAは途方にくれました。 

私はこの時、もしかしたらここで休憩しても、『それ』は50メートルから動かないのではないか、

と淡い期待を描いていました。 

私自身もそろそろ体力の限界だったのです。 

ところが、その淡い期待は簡単に裏切られてしまいました。 

『それ』は、はじめて一歩を踏み出したのです。 

非常にのろい歩みでしたが、それは私達を絶望させるのに十分でした。 

一番体力の残っていそうなAも、遂にへたり込んでしまいました。 

『それ』は一歩一歩こちらに歩んできます。 

もはやそれとの距離は50メートルではありませんでした。 

私は絶望に包まれて、こんなところで死ぬのかな。凍死扱いになるのかな。それとも死体も見つからないのかな。

などと考えていました。 

すると突然、それまでぶつぶつ呟いていたAが立ち上がり、

「ちくしょう、やってやる。ぶっ殺してやる。なめやがって。化けもんが。ちくしょう!」

などとキレたと思うと、 

「喝ーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」 

と、お爺さんに言われたように大声で気合を飛ばしました。 

ところが、その気合に『それ』は全く反応しませんでした。 

しかしその気合が利いたのか、大声がきっかけになったのか、『それ』の上方にある深雪が雪崩を起こしたのです。

それは数十トンの雪の流れに飲み込まれ、「う、うわあぁあああぁぁぁぁぁ」という声を上げ、

雪崩に飲み込まれて下に流されていってしまいました。 

後に残った私達は、呆然として口をあけていました。 

その後は雪洞を掘り、一晩を明かして翌日に下山できました。 

これは未だに私のトラウマです。 

未だに何が起きたのかさっぱりわからないので、

どなたか『それ』についてご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

関連記事
コメント

管理者のみに表示