FC2ブログ

手に残る感触

2018.02.02.Fri.21:22

昨年のお盆休み、ある男性が実家に帰省していたときに経験した話である。

---
お盆休みの半分が過ぎ、残り少ない休日を中学時代の友人と楽しく過ごしていた。今回は車で帰省しており、実家の近所を車で走り回っていた。

友達を送った帰り道、夜でわかりにくかったこともあり、気づいたら山道に入り込んでしまった。あたりは真っ暗で、時間も夜中の1時を過ぎていたので対向車もいない。

バックをするのも難しく、仕方なくまっすぐ進んでいた。5分ほど経ったとき、おかしな音に気づいた。車内の音楽に混ざって

ガサガサ

雑音のような音が聞こえてくる。特に気にせずそのまま走っていると、その音はどうやら後部座席から聞こえてくるようだった。

後部座席には重い荷物など積んでいないし、もちろん俺一人しか車に乗っていない。

また音が聞こえた。

ガサガサ

さっきより音が大きくなっている。

明らかに後部座席から聞こえたので、トンネルに入った直後に 運転しながら片手を後ろに伸ばしてみた。

その時の感触を、俺は一生忘れないだろう。

人の頭を触っていた。髪の毛の感触もあった。驚いて振り向こうと思った瞬間、俺はそのままガードレールに激突した。

そのあとのことは覚えていない。

気がついたときには病院のベッドの上だった。



関連記事
コメント

管理者のみに表示