FC2ブログ

球場の噂

2019.06.07.Fri.20:55

10年ほど前、私が現役高校球児だったころに
元キャッチャーのOBの先輩から聞いた話です。

私の頃はすでに弱小野球部に成り下がってしまっていましたが、
そのOBが現役だった頃は県内でもトップクラスの成績で、
甲子園出場も果たしていた強豪チームでした。

その年の夏、甲子園出場へ向けて彼らは順調に勝ち進み、
準決勝の場は○○市民球場になりました。

公式戦に良く使われていた○○市民球場は
昔から幽霊が出るという噂がありました。

当時○○市の野球少年だった方ならご存知の方も多いと思います。

でも、噂には良く聞いても、
実際に体験したという人がいたわけではなく、
そのOBの現役時代も、噂には聞いていたけれど
信じる人などはいませんでした。

実体の無い噂話とでも言いましょうか。

試合は中盤にさしかかり、試合は0対0のまま。

攻撃の番でピッチャーがトイレへ行きました。

数分後、彼はベンチに戻るなり

「さっきだれが打ったの?」

と言いました。

みんな顔を見合わせて変な顔をしたそうです。

なぜなら、ヒットどころか三者三振。

これから守備位置へ走ろうとしていた時だからです。

「お前何言ってるの?しっかりしてくれよ」

その試合は結局我が校の勝ち。

試合後、ピッチャーは確かにトイレで
金属バットの打撃音と観客の歓声を
ハッキリ聞いたと言い張ったそうです。

まさか噂の幽霊じゃないか?と言い出す者もいました。

しかし、あと一勝で甲子園出場。

幽霊どころではありません。

決勝戦も再び○○市民球場でした。

ところが、そのピッチャーは球場へ来る途中、
車にはねられて亡くなってしまったのだそうです。

エースの居ない試合はもちろんボロ負け。

余りに悲しい幕切れでした。

その後、死んだピッチャーの事件が
幽霊の仕業だという噂が流れました。

球場は実は大昔の合戦場跡で、
ピッチャーが聞いた金属バットの音は
刀と刀がぶつかる音だったんだとか、
歓声は死んだ侍達の雄叫びだったんだとか、
夜中になると球場を練り歩く落ち武者達が現れるとか、
もちろん、根も葉もない話です。

ところが、その後監督が突然の病で倒れ交代、
幽霊話が実しやかに囁かれるきっかけになりました。

そしてさらに不可解な事件が立て続けに起こりました。

翌年、我が野球部は念願の甲子園出場を果たしたのですが、
ピッチャーの姿が、まるで前年に死んだピッチャーが
乗り移ったかのように瓜二つに見えたというのです。

その年の暮れに○○市民球場は閉鎖され、
跡地にはショッピングセンターが建設されました。



関連記事
コメント

管理者のみに表示