盗まれた仏像

2016.08.30.Tue.11:09

母親から聞いた話。

自分が生まれるずっと昔の話らしいんだけど、母方のじーちゃんは坊さんだった。

終戦後は坊さんの人数が足りなかったのか、

他の事情があったのかは今となっては分からないが、

元々住職してた茨城の寺の他に東京の寺も兼務(?)してた。

寺は無人には出来ないから、茨城の寺にはばーちゃんが、

東京の寺にはばーちゃんの母親(自分から見てひーばあ)が居る事で、

じーちゃんは茨城と東京を行ったり来たりしてた。

不思議な事があったのは東京の寺。

じーちゃんが茨城でお務め中で不在の時に2度程泥棒に入られた。

1度目は仏像が無くなった事に気付いたひーばあが、じーちゃんに連絡。

東京に戻るのは次の日になるので、取り敢えずひーばあが警察へ。

じーちゃんも東京に戻って暫くは落ち込んだらしいんだが、

盗まれた仏像が返って来るとは限らんし、

新しい仏像をそろそろ…と考え始めたらしい。

盗まれてからどれ位日が経ってたか詳しくは知らないが、

ある日古物商(?)が訪ねて来て「是非見てもらいたい物がある」と。

丁寧に包まれた物を差し出され、中を確認するとなんと盗まれた仏像だった。

拾ったにしちゃ家に直接持ってくるのはオカシイし、

盗んだ本人が返しに来た風でなし、

じーちゃん軽くパニクったらしい。

古物商の話だと、実は仏像を引き取ってから同じ夢を見始めた。

夢の中で

「自分は○○の□□と云う寺に居た。早く元の居場所に戻してくれ」

みたいな事を云われたらしい。

最初は聞いた事も行った事もない寺だし

可笑しな夢を見た位にしか思わなかったらしいが、

毎日同じ場所・同じ寺を繰り返し夢で云われるので、

調べてみたら実在する寺がある。

これは何かあると思い訪ねて来たと。

話を聞いてじーちゃん大層ビックリしたものの、

古物商に感謝しまくり、仏像を以前に増して大事にしまくったそうだ。

2度目に盗まれた時は、直ぐに戻って来たらしい。

しかも盗んだ本人が、直接返しに来た。

じーちゃん曰わくだいぶ憔悴仕切った様子だったらしい。

泥棒の話だと、前の古物商同様に盗んだ日から毎日同じ夢をみる。

ただ元の寺に返す様に云われるだけでなく、説教付でwww

盗んだ本人も度々話の途中で支離滅裂になるし、取り敢えず警察へ連絡し泥棒御用。

後から聞いた話だと、泥棒は暫くの間時々何かをブツブツ呟いては念仏三昧の日々を送ってたらしい。

その話聞いたじーちゃんは、泥棒ながらチョット可哀相になったとか。

その話聞いた自分もどんな説教だったんだとガクブル。

その後仏像は盗まれる事無く、今も東京の寺にいらっしゃいます。

関連記事
コメント

管理者のみに表示