川男

2016.09.11.Sun.12:24

この時期になると一生を通して思い出す話

昨日も今日も全国では川で亡くなった方々のニュースが流れる。

しかしながら、全員が全員川の流れに飲まれていったのだろうか。

もちろん川の流れの速さというのは、舐めてかかるととんでもない事になる。

だが、一日に7人以上が行方不明や重体、死亡にまで至るのは本当に事故だけが原因なのか。

事故に合われた方やその家族には申し訳ないが、俺はおかしいと思う。

理由は、姉が川で亡くなった出来事。それも目の前で。

小学生だった姉と俺と友人達はBBQをする為に川原に来てた。

大人達は料理をしたり組み立て式の椅子やテーブルを出したりと急がしく動き回っていた。

その真横で姉が流されていきそのまま帰らぬ人となった。

俺達の目の前で姉は連れていかれた。

『連れて逝かれた』のだ。

大人達がBBQをする為に選らんだ場所は、キャンプ地などでは無く

車乗り入れ禁止の場所だった。立ち入り禁止区域でもあった。

この事は今でも両親の心に悔いを残し続けてる。

毎年の夏の命日には花束を持ち家族で川原の近くまで向かう。

決まって姉の好きだった片白草(半夏生)とオレンジジュースとチョコレートを

その川原の近くにある祠にお供えする為に向かうのだ。

その場所には今でも看板が建ってある

「事故多数」の文字には姉の事故も含まれている事になるので、

ここに来る度に一生涯悔いは残り続ける。

庭に咲く半夏生を好きだった姉が夏に生涯を閉じるという皮肉にも似た文字の類似が俺は嫌いだ。

周りの葉の白くなっている様がどことなく死んだ姉の白さを思い起こす。

あの忌々しい場所に近づきたく無いのもあり、俺はあまり行く事に気が進まない。

しかし命日には必ず家族揃ってそこへ向かうことになっている。

長々と書いたが本題に移ります。

小学生の夏。

姉は「何者」かに連れて逝かれた。

それは子供心に残った姉との死別から生まれた混乱やトラウマだとずっと思っていたのだが、

決まって夢に出てくる最後の姉の姿には、何者かが覆いかぶさり連れて行くのだ。

それは肌が灰色の人だった。

俺や友人達と幾分も変わらぬ場所で遊んでいた姉だけが流されるという不可思議な出来事の中に急に現れる。

手が届く範囲に居た姉が一瞬で目の前から消えた。一言も言葉を発する事も無く。

一瞬の場面が夢では引き伸ばされたかのように長い。

俺が一瞬目を親達に向け、直ぐに姉を見た瞬間、

姉の真後ろで口をあけた灰色の人が姉の顔を鷲掴みにし、驚きの声を発する事を防ぐかのように

姉の口に髪を押入れて、一気に連れて逝くのだ。

その灰色の人は何故か口の中だけ真っ赤に染色されたかの様に夢の中では写った。

この夢は親には勿論喋った事は無い。言えるものでもない。

そして、昨年。

命日の日に半夏生とオレンジジュースとチョコレートを持って川原に向かった。

何時の頃からかある祠には俺達家族以外にも同じ様な遺族が居るのか

ビールだったりジュースだったり人形だったり花だったりが置かれていた。

お供えを置き参拝をした後、両親は一年間に何があったかを

そこに姉が居るかのように話かける。そして何度も謝る。

俺はその日も、いままでと同じ様に、父と母の後ろで川原を見つめて待っていた。

ただその日は違った。

「いやああ、いやああああだあああ。」と泣き叫ぶ声が聞こえたかと思うと川の真ん中に灰色の人が立っていた。

横を向いたソレは「いやあああ、いやああああ。」

と口を開けて叫びながら川下をずっと見ながら何者かに下から引っ張られ消えていった。

何がおきているのか理解出来ない俺の目の前に更に別の灰色の人が川の底から這い出てくる。

そして同じ方向を向き口を開けて叫び、引き摺られていった。

それは何人も出て来ては叫び、引き摺り込まれた。

何人目かの叫び声の後に川から出てきたソレは他のとは違いこちらを向いたまま這い上がってきた。

「いやああああああ、いやああああああああ。」と必死でさけびながら口を開けてこちらを

ずっと見てる。そして両親を見てさらに大きな声で「いやああああああ、いやあああああ。」

と叫ぶ。姉だ!と思った俺は

助けなきゃ。と泣きじゃくりながら走ってた。

何故姉と思ったのか、助けなきゃと思ったのかは今でもわからない。

泣きながら姉の下に近づく俺の前で

新しい灰色の人が浮かび上がってきて姉を下へ引き摺りこもうとしていた。

姉は「いやあああああ、いやああああああ。」と必死に抗おうと体を振り回す。

もう少しで手が届くと思った瞬間に俺は両親から川原に引き摺り戻された。

「だずげてーよー。しぬのいやあああああ」と聞こえた俺は必死で抗った。

何をしているの!という母の泣き声に掻き消される様に目の前の灰色の人や姉は消えていた。

母や父には見えてなかったらしく散々説教をされた。

そして姉を救えなかったのは俺のせいでは無いと諭された。

俺は泣きながら目の前で起きた光景を親に言いかけて、止めた。

俺の両親は姉が死んでからずっと後悔の日々を送ってる。

そんな両親に何と説明すればいいのか。姉が苦しんでるとでも言うのか。

そんな事言えない。その場はただただごめんとだけしか言えなかった。

何があったの?と両親が聞いてこなかったのは俺がトラウマをもっていると思ったからだろう。

数日後、俺は一人でその場所に向かった。

ただ幾ら待ってもそこには何も現れなかった。

俺は灰色の姉が現れた場所に近くの神社で買ってきた護符や

寺で買ってきた護摩を投げ入れた。どうか姉が苦しんでいませんようにと。

それ以外に方法が分からなかった。

ただその日に姉が笑っている夢を見た。夜中に飛び起きて泣きじゃくった。

正直、夢の話がダメなこのスレでしていい話じゃないと思うけど、

どうしても川の事故は本人の不注意だけの問題じゃないと思う。

事故の遺族であり、目の前で起きた事に対するトラウマから

この様な事を思うのかも知れない。

だけど、昔から日本には川や沼に住む河童だったり、幽霊だったりとかが

怪談として語られるように、何か得体の知れない事やモノがいると思う。

来週が命日だから雨が降ってなければ川原に参拝しに行く事になる。

ここに居る皆も川などに行くときには気をつけてほしい。

自然に含まれるのは、川の流れや風だけでは無くて別のモノも居るように気がする。

気の付けようが無いものかも知れないが、立ち入りを禁止してるような場所というのは

何か曰くがあるのではないかと思う。

長くなって申し訳ない。また文章を纏める力が無いので言いたい事もグダってるのは勘弁してください。

とりあえず、夏が近づいてはしゃぐのはわかるけども

事故が起き易い場所にはあまり行くなよ。

親は一生苦しむぞ。兄弟姉妹も然り。

それと川に住む妖怪で調べたところ、川男という妖怪が色や姿形が俺の見たものと

類似していた。ただその妖怪は悪さをするような奴じゃないらしい。

それに俺の見た姉も灰色の人になっていたから違うと思う。

個人的な見解としては親や俺の思念の具現化の様な気がしてる。

俺や両親がその場に張り付けて居たのでは無いかと何となく思った。

今は成仏してると思うようにしてる。

もう苦しんでないことを本当に願うよ。

何度か文章見直したけど酷いな。

情景とか分かりにくいと思う。本当に申し訳ないです。 

関連記事
コメント

管理者のみに表示