視える娘

2016.10.14.Fri.21:38

いわゆる「視える娘」が友人にいる。

その娘の話によれば、一口に「視える人」といっても

全員が全員何でも視えるわけでもないらしい。

特に守護霊なんかが視える人は結構少ないんだそうだ。

逆に、悪霊なんかは視られてナンボの商売だからほとんどの人が視えるとか。

そんな話を、ファミレスでメシ食いながら

「へぇ~」って感じで聞いてたらちょっとゾッとする話が出てきた。

こんな感じ。

「あ、あの人の『後ろの人』はちょっと控えめだねぇ」

「は?控えめ?」

「そう」

「控えめって、何が控えめ?」

「え~とねぇ、ちょっと離れ気味に歩いてるかな。繋がりの弱い関係なのかもねぇ」

「ふ~ん、オレにもいるの?『後ろの人』」

「もちろん。今もいるよ」

「どんなん?オレの後ろの席に座ってんの?」

「違うよ?いつも後ろにいるんだよ。壁があってもいるよ、後ろに」

「よく分かんないな。そもそもさっきの人はどんなんなんだ?

 離れてるっていってどれくらい離れて歩いてんの?」

 

「え~とねぇ、こんくらい?」

と言って『右手の親指と人差し指』で間隔を作ってみる。

「・・・ちょっと待って。それで離れてんの?」

「うん、けっこう」

「・・・ちょっと待って。じゃあ普通の人はどうなの」

「え~と、こんくらい」

オレの後ろに回って、『後ろの人』がいるらしきスペースでぱたぱた手を振る。

・・・オレの左肩の上。

「おい」ついツッコんでしまったが・・・

いつも、自分の肩の上にはアゴをのせた『後ろの人』がいるらしい。

自分だけじゃなく、おそらくこれを読んでるほとんどの人もそう。

自分は霊感なんて全然無くて、霊なんて全く視えるタチじゃないが、

その話を聞いてから妙に左肩の辺りの空気が重くなった、気がする。

・・・みんなも自分の顔の横にはいつももう一つ顔があると思え。



関連記事
コメント

管理者のみに表示