後部座席

2016.10.16.Sun.11:08

名古屋の友人に聞いた話。

カップル2組で、諏訪湖までドライブに行った時のこと。

帰りがすっかり遅くなったので、女の子は2人とも後部座席で寝ていた。

友人は助手席でテレビを見ていたが、急に車がふらついたような気がして顔を上げた。

見ると、いつのまにか、スピードも落ちている。高速道路では、かえって危険だ。

ドライバーの方を見たが、居眠りはしていない。只、様子がおかしかった。

落ち着かない様子で、バックミラーをチラチラと見ている。

「おい、スピード落ちてるぞ。」友人は注意を促すようにそう言った。

が、ドライバーは友人を横目で見ると、バックミラーを小刻みに指差した。

不審に思った友人がミラーを覗くと、後部座席で寝ている女の子2人の間、

後部座席の真ん中に、白い腕が一本見えた。

大きさからすると子供のような腕。それが、背もたれの上から垂れ下がるように伸びている。

車はステーションワゴンなので、後部座席の後ろは荷室になっている。

要するに、シートの後ろに子供が隠れて腕だけを出しているような状況だが、

当然、そんな所に子供を乗せた覚えはなかった。

腕は、時折、プラン、プラン、と力なく揺れ、その様子は、色の白さと共に死人を連想させる。

友人の視界で何かが動いた。とっさに、目でそれを探る。

シートのすぐ後ろ、丁度、子供が隠れていそうなあたりに、蠢く黒い塊の一部が見えた。

姿形は濃い闇に紛れて判別出来ない。

しかし、友人には、それが子供などではないことが、何となくわかった。

背筋を冷たいものが走った。

すると今度は、後ろから、女の子の寝息に混じって、妙な音が聞こえてきた。

カリ・・・パキッ・・クチュ・・・・

静まりかえった車内に、そんな音が微かに響く。

白い腕が、その音に合わせるかのように揺れていた。

グチュ・・・ガリ・・・パキッ

「うわああああ!」

そんな雰囲気に耐えかねたかのように、突然ドライバーが叫び声を上げ、

車を路側帯に寄せると、急停止した。

減速の勢いで女の子が目を覚ます。後部座席に、白い腕はもうなかった。

友人とドライバーは車を降りると、後部へ回りハッチを開ける。

荷室には誰もいなかった。白い腕も黒い塊もない。

しばらく荷物を動かしたりして探したが、それらしいモノは見つからなかった。

ただ、後部座席の後ろ、さっき音がしていた辺りに、黒い染みが数個あった。



関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 隣の空き家 | HOME | お札 »