隙間の人形

2016.11.07.Mon.21:38

私が3歳前後の頃にかけての体験です。

一部ぼかした所はありますが、

基本的に脚色はしてません。

当時私の家では幼かった私と兄、両親が

ひとつの部屋で布団を並べて寝ていました。

そこは和室で寝るときに足を向ける側に隣室へと続く襖、

そして頭の側にはタンスがふたつ壁にくくりつけてありました。

ふたつのタンスの間には7~8cmほどの隙間があったのですが、

夜になるとそこから20cmほどの人形が出てくるのです。

人形は布団の周りをぐるぐると回っては時折寝ている私たちの

顔を覗き込むように枕元に近づいてきます。

ちなみに両方の足がくっついたタイプの人形なので

歩くというよりはピョコピョコと跳ぶ感じです。

しばらくそれを繰り返した後その人形は決まって

部屋の同じ場所で立ち止まりじっとしているのです。

やがてまた歩きだすとタンスの隙間に戻っていきます。

その人形は私にしか見えないようでした。

母を起こしてそこを指し示しても首を傾げていましたから。

ただ、私は一回きりでなく何度もそれをみています。

トイレに起きたときにすでに周りを歩いていたり、

いつもの場所に佇んでいたりすることもありました。

その後私たち一家は引っ越してしまい、

私はそれを見ることも二度とありませんでしたが、

今もその家には親戚筋の人間が住んでいます。

後のリフォームでタンスは取り払われていまいましたが、

ひょっとすると今も人形は歩いているのかも知れません。

「人形が佇む場所にはなにかがあったのか?」

それが今でも心に引っかかります。

関連記事
コメント

管理者のみに表示