生き埋め

2016.12.05.Mon.21:11

これは旧友のチンピラに聞いた話なんだが、

そいつとある組の若い衆とで、良く若い女を街でさらっては交尾をしていたんだそうだ。

まあナンパ仲間と云った所だな。

ある日もチンピラはいつもの様に若い奴に誘われて、街中に繰り出そうとしていたそうだ。

だが、どうも急に体調が悪くなり、今日の所は止めといて一人自宅で寝込んでいたそうだ。

で、若い衆の方は単身街に繰り出したと。

それで、上手く上玉の女子を引っ掛けることに成功したそうだ。

厭がる娘を押さえつけ、まあ打つ物を打って、ぐったりした娘と無理矢理性交して楽しんでいたそうだが、

明け方、その女子の容態が急変し、あっさり死んでしまったらしい。

死因は暴力と薬物の過剰摂取といったところだろう。

娘はそう云う物をやるのは初めてだったらしい。

警察沙汰になるのだけは避けようと、

早朝からそいつは自分の組にその娘の死体を持って行き、若頭に泣きついた。

しかし、その娘の顔を見た若頭が凍り付く。

どうやらその娘、ある名のある組長の関係者で、その筋の人々が手を出すのはヤバい。

さらに輪をかけて、ご法度の粉にまで手を付けていて、娘にも投与してしまっている。

体中に青々と暴力の後も残っている。

これはまずいということで、組員数名で取り急ぎ、その娘を奥多摩の山中に埋めに向かった。

しかし、その道中はそれだけの目的ではなかった。

察しの通り、若頭は失態を晒した若い衆も一緒に埋めようと考えていたわけだ。

娘を埋める穴を苦労して掘った後、疲れた様子の若い衆の四肢をガムテープで縛り、生きたまま娘の隣に放り込んだ。

激しく暴れるが、構わず土を順調に振りかけていき生き埋めに。

組に帰り、このことを組長に伝えた。、

しかし、その組愛用の廃棄所は、新しく道路が通るとかで工事が来月にも始まる予定で、

既に使ってはいけない所だったらしい。

大急ぎで山に取って返し、場所を移さなければならない。

組員数名で現場に着いて、まだ柔らかい先程の土を掘り返すと、少しずつ男女の抱き合っているような死体が姿を現す。

すでに男も息絶えている様子だった。

しかし、何かおかしい。

先程は女の死体を放り込んだ後、その上から男を生きたまま放り込んだ。

ところが掘り返すと、横に抱き合っているような形になっている。

何よりも奇妙なのは、

死んでいたはずの女の両手が男の首に絡み付いていて、赤黒い指の跡が男の首に浮き出ていたそうだ。

どうやっても女の両手が男の首から外れず、結局その場で焼き捨てたそうだ。

男の死因はどちらだったのだろうか。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 誰の事? | HOME | 予備校で »