おかんの言いつけ

2017.01.01.Sun.11:03

大体どこの学校にも、一つや二つくらい怖い話があるやろ。俺の学校にもあった。

実際戦時中の火葬場と墓場だったらしくて、工事の時には骨がゴロゴロ出てきたこともあったらしい。 

大体はへーっていう感じで終わる話ばっかりなんやけど、一つだけマジで怖い話しがあった。

実際に俺もほんの少し体験したから、その話を書こうと思う。

思い出したまま書いているので、変なところがあるかもしれんが勘弁な。なんせ10年以上前の話なんで。 

俺自身は霊感とか無いと思うけど、母方の家系にはソッチ系の人がいて、

母親も結構強い力を持ってるみたいで、なんか見えたりするらしい。 

母親は、当時としては珍しく仕事をガンガンやる人で、

入学式はおろか授業参観も仕事優先で来ない、という徹底ぶりやった。

通ってた中学は不良がいっぱいおって、短ランとかボンタン履いた奴とかゴロゴロしとったから、

真面目な母親は嫌がって、あんまり行きたくなさそうやった。

けどさすがに3者面談は親が行かんと始まらんから、中2の夏の時に初めて俺の中学に来た。 

そしたら校門の前に来るなり、「あかん、この学校はおるな」とか言って嫌そうな顔した。

俺は物心付いた時から、母親がなんか見えとるというのに慣れてたから、「またかよ」とか言ったような気がする。

そしたら、「ちゃうねん、これは普通とちゃう」みたいなこといっていつもより渋るから、

何がおるんか聞いてみたら、 

「こわいで、悪さする奴や。Y(俺の名前)は、わからんからええけど、ほんま厄介な奴がおる」

とか言ってる間に時間が近づいてきたから急かすと、

普段俺等が使ってる昇降口から入るのは嫌やから、正面玄関から入ると言ってた。

しゃあないから、俺が下駄箱で上靴取って、玄関まで迎えに行った。

するとじっと俺の後ろの方見とるから、なんやって聞いたら、「そっちの方におる」と言ってた。 

無事に3者面談も終わって帰る途中、もう一度何がおったのか聞いてみた。 

「あそこで自殺した人がおるわ。女の子やね。昇降口の奥に何かあるやろ?」 

と聞かれて、すぐに思い当たるものがあった。

昇降口から向かってすぐ左の廊下の突き当たりに階段があって、いつも上るんやけど、

階段のすぐ前というか上り口の所に、机を上下に積み重ねたバリケードみたいなんで入り口を塞いで、

窓に目張りしてあるトイレらしき部屋がある。

入学したときから疑問に思っていたけど、先生に聞いても「さあ?」とかとぼけられるから、

みんなでお化けが出るとか噂はしてた。 

でも実際に確かめた奴はおらんし、普通に気味が悪いんで、

いたずらしようとかいう奴も、たぶんおらんかったと思う。

「ああいうのは悪いことするから、絶対に関わったらあかんで」とか釘を刺されたけど、

ふーんってな感じで、また言っとるわみたいな感じやった。その時は。 

7月も終わりに差し掛かって、1学期終了で掃除をすることになり、

俺のいた班が、ちょうどそこの掃除をすることになった。 

とりあえず階段を無難に掃いて終わりやったけど、

夏やし肝試し感覚で、トイレのバリケードをちょっとどかして、「中を覗いてみようやないか」という流れになった。

俺はあんまり気乗りがせんかったけど、怖がりやと思われるのも癇に障るし、

昼間やったからまあ大丈夫やろうと思って、参加することにした。 

と言っても、

バリケードをどかしてもドアには鍵がかかってるし、窓には内側から目張りがしてあるから、中の様子は分からん。

男子3人ほどでドアを引っ張ってたけど開かず、そのうちに先生が来て叱られてしもた。 

とりあえずその場はそれでしまいになったけど、内心ホッとした。 

気のせいとは思うが、誰もおらんはずのトイレ中から、

「ザーッ」っと水が流れ続けているような音がしていた気がした。 

それから暫らくたって、夏休みに入った。

俺は陸上部の練習で毎日学校に来るけど、トイレの話はすっかり忘れていた。

練習は、早朝から始まって昼には終わって、後は自主練なので、遅くまで練習することは無かった。 

夏休みも8月に入った盆前ぐらいに、委員会活動で学校へ部活以外で行く用事ができ、

久々にジャージやなしに制服で登校した。 

いつもは部室に直行なんで、昇降口で上履きを履くことなんかないけど、

その日は職員室にも行かないといけないし、教室で作業するため、

上履きに履き替えて、いつもどおり階段を上っていった。

必然的に例のトイレの前を通るわけだが、朝から何かジメッとしていて、嫌な雰囲気やった。 

トイレは建物の中では北東の角にあって、窓も階段の下についてる小さなのしかないから、年中湿気てる。

まあ嫌なことがあったから、余計にそう感じるのかもしれないけど、

とにかくその日はそっちを向くのも嫌で、急いで階段を上がって教室に行き、荷物を置いてから職員室へ向かった。

委員会の名前は、美化とか環境とかそんな感じだったけど、

夏休みの間に伸びそうな草抜いたりとか、花植えたりとか、めんどくさい仕事だった。

でも部活の顧問が指導やってるのと、仲のいい女子がいるので、まあやるかってな感じで作業してた。

昼に休憩を取って、3時ぐらいには大体作業も終了し、

ささやかなご褒美として、職員室でジュースを飲むことになった。

そんで、話の流れで怖い話をすることになった。 

俺の母親の霊感みたいな話は多少有名で、そこにいた連中も俺に話せみたいな感じだった。

それで気乗りはしないが話してると、そのうち例のトイレの話になった。 

「で、女の子が自殺したって」とか言って、多少脚色して話した覚えがあるが、女の子が怖がって面白かった。 

けどどうも、ウラを取ってみないことには気が済まんみたいになって、先生にみんなで頼んだけど、

「配管が壊れてて、トイレの数も足りてるから使わん」みたいな理由を言ってた気がする。

確かに中学は荒れてたから、使わん便所とか空けてたら、不良がタバコかシンナー吸う場所として使われるから、

鍵を閉めるのは分かる。

でも、目張りは何でしてあるんかがわからん。

それまで気に留めてなかったが、外側から見える窓にもしてあるのはおかしい。

先生に聞いても教えてくれんから、学校に詳しい誰か他の大人ということで、ピンときたのは校務員のBさん。 

Bさんはオモロイおっさんで、セクハラ発言があるので女子には不人気だが、俺は個人的に好きだった。

でBさんに聞いてみたら、少し考えた後で、「先生に言うなや」と言って教えてくれた。 

俺が中学の時から遡ることさらに10数年、確かに女生徒が自殺していた。 

Bさんも当時は校務員ではなかったので、詳しくは知らないが、

トイレで包丁かナイフを使い、手首や喉を傷つけ失血死したらしい。 

問題となったが、新聞で取り上げられることもなかったそうだ。 

自殺した理由についても、これといって見当たらないらしく、

当時は色んな憶測があったが、結局分からずじまいだった。 

事件が起こった当時、俺等家族はまだ他県にいたから、そんな事件を知る由もない。 

つか、母親が言ってたことは本当だったと思いゾッとした。 

Bさんは、「でも、それが原因や無いんやで。ほんまは出るからや」と笑いながら言った。 

自殺の事件後も、普通にトイレは使われていたらしい。 

でも利用する生徒が、

「鏡に血だらけの女の子が写りこんだ」「血糊のべったりついた手形がトイレの壁に現れた」

と言って騒ぎになった。

先生は、子供の単なる勘違いか思い込みだと思っていたが、何人もの先生が同じ体験をしたらしい。

笑い事で済まされなくなって、お払いなどを頼んだが効果も無く、結局封鎖することになったらしい。 

話終えて、「ワシは見たことないけどな」とBさんは笑った。 

Bさんに礼を言って帰る途中で、うちの中学の不良の何人かと、私服で高校生ぐらいの男女5、6人ぐらいが、

俺と入れ違いで学校に向かってきてた。

そのうちの一人は、小学校から同じで結構仲の良かったIと言う不良がいたので、

声をかけてみると、「学校で肝試しをするんよ」とか言ってる。

時間は夏の夜6時まわった位で、「まだ明るいけど、気をつけろよ。先生もおるし」と言う風なことを言って別れた。

I等が学校に入らず、校門付近でダベッていたのを見て、とりあえずその場は帰った。 

家に帰ってもまだ母親が帰っておらず、妹が友達とテレビを見てた。

そこに電話がかかってきて、仕事先の母親からだった。

『今日はもう誰かに誘われても、どっこも行ったらあかんで。N(妹の名)と私が家に帰るまでおりよ』

という変な電話だった。 

これは今でも良く覚えとる。 

その後、しばらく居間で妹とゲームしてたらIがやってきて、「今から肝試しいかね?」と誘われたが、

母親の言うことを守らんとマズイと思い断った。

どうも嫌な予感がした。

Iは、

「とりあえず学校に行ってから、他の廃墟とかも回る。先輩(たぶんヤンキーの)が車で来てるから色々行ける」

と言ってはしゃいでいた。

さっきから嫌な予感がしてたから、暗に止めておいたほうがいいんじゃないかと言ったが、

行く気満々で止めても聞かないから、好きにさせることにした。 

次の日、部活で学校に来ると、昨晩のI達のことが気になって、とりあえず昇降口の方に向かった。

すると、例のトイレの外側で、何人か他の部活の子が集まってて、

近くに行ってみると、トイレの外側の窓ガラスが割られていた。

「先生が来て片付けるから触らんように」と言われた。

ふと見ると、目張りが剥がれて中が覗ける。 

なにかふらっとした感じになって、窓の外枠に掴まって、懸垂して中を覗きこんだ。 

中は特に何も変わった所はなかった。

タイルはピンクに近い色で、男子トイレとは色が違うなと思った。

もっと良く見ようとよじ上った時、

「・・・」

いきなり耳元でボソッと呟かれた。

何を言ったかは聞き取れなかったが、低いかすれたような声だった。 

びっくりして手を滑らせて地面に落ちてしまい、少し腰をうった。 

窓を見上げても誰もおらん。周りの子等は不思議そうに俺を見とった。

その日の昼に、Iと昨日の肝試しに参加したと思われる人等が乗ってた車が事故った。

運転手死亡。助手席にいた人が重症。Iも腕を骨折した。 

後で分かったとだが、やっぱり窓を割ったのはI達やった・・・ 

で、その日の夕方、母親が帰ってくるなり、

「あほ。関わるなっていうたやろ。軽く因縁つけられとるやん」と怒られたorz

つうか、おかんの方が怖いと思った。 

むちゃくちゃになっとるかもしれんけど実話です。

関連記事
コメント

管理者のみに表示