夢遊病?

2017.01.04.Wed.11:24

大叔母の話だが、その昔夢遊病だったらしい。 

もしくは狐憑き?なのかも知れないが、とりあえず夢遊病ということにして進める。 

目が覚めると、なぜか川原に立っていたり、山の中にいたりということがあり、 

曽祖父(以下、父)に相談してみた所、とりあえず家族で交代で見張る、ということになった。 

ただし曾祖母(以下、母)は体が弱かった為に不参加。

初日は父が見張り、大叔母が起き上がったところで、

顔の前で手を振ったり前に立ち塞がったりして、本当に寝てるか確認した後で、体を揺すって起こしたそうだ。 

翌日は大伯父(以下、兄)で、父と同じ様にした。 

もちろん大叔母(以下、姉)は、起き上がったことなど覚えていなかった。 

その次の日は祖母(妹)の番。

妹は先の二人と同じく、本当に寝ているかどうか確認した後、 

姉を起こさず、この後何をするのか見てみようと思い立った。 

姉は寝間着のまま裸足で外に出て、少し立ち止まり、 

クルッと向きを変えて、ちょっと離れた牧草地の方へと歩き出した。 

月も出てない夜で、外灯も無く真っ暗な中を、妹は石ころだとかに躓きながらやっと付いて行ってるのに、

姉は確かな足取りでしっかりと歩いていく。 

何となく、ふらふらとした感じを思い描いていた妹は、随分驚いたそうだ。

牧草地に着くと、姉は何かを探すようにぐるぐると歩き回り、やがてそこの真ん中あたりで立ち止まった。

少し離れた所で見ていた妹は、次の行動を待ったが、どれだけ待っても全然動かなかったので、姉に近寄った。 

顔に手をかざして、寝ているのを確認したものの、

ここで起こしては、自分が言いつけを破ったことがバレると思い、

何とか寝たまま家に連れ帰れないものかと考えたが、担いで帰れるほどの力は勿論無い。 

結局起こすしかないかと、肩に手をかけようとしたその時、姉の手がスッと妹の方に伸びた。 

何事か分からずに、何となくその手をとってみたが、姉に特に変化は無く、そのまま寝息を立てている。 

手を掴んで軽く引くと、姉はそのまま付いてきた。方向を変えるとそれにあわせて寝たまま歩く。 

家族にバレると怒られると思い、妹はそのまま姉を引いて帰った。 

自分の番が来るたび、妹は姉について行く様になった。 

姉の行く場所は一定しておらず、ある日は橋の袂、ある日は田んぼと向かい、 

ぐるぐると何かを探すように歩き回って立ち止まる。 

姉の手を引いて帰り、汚れた足を拭いてバレないように体を揺すって起こす。 

そんな日々が一月ほど続いたそうだ。

夢遊病は一向に改善されず、拝み屋を呼ぼうかという話も出ていた。 

妹自身も、最初の方こそ探検気分で面白かったりもしたのだが、

この頃では、有り体に言えば飽きてきており、次に一緒に行った後は、部屋から出る前に起こそうと思っていた。

そして、妹が最後だと決めていた日。 

姉はいつもの様に起き上がり、いつもの様に裸足で外に出て立ち止まり、どこかを目指して歩き出した。

妹はほとんど惰性で後を付いていったのだが、進んでいくにつれて疑問が持ち上がった。 

今までは家の周囲、少なくとも歩いて行ける場所にしか向かわなかったが、 

今歩いてるこの道は、歩きだと3時間ほどかかる街への道だ。 

横には線路が通っており、家の近くと街とを結んでいる。このまま街まで向かうのだろうか? 

妹は帰りの時間も考え、ある程度まで行ったらとにかく引っ張って帰ろうと考えた。 

姉はそのまま進んでいき、不意に立ち止まった。 

妹は驚き周りを見回したが、特に何があるわけでもない。 

強いて言えば、線路の向こうにトンネルが口を開けているくらいだが、

ただの道の途中で、特定の場所という訳じゃない。 

今日はこれで終わりかと、姉の手を取ろうとした瞬間、姉は弾かれた様に走り出した。一直線にトンネルへ向かって。

道と線路を隔てる藪を突っ切り、線路の敷石を踏みしめ、一直線に。 

妹は外のよりもいっそう深い闇の中を、姉の足音だけを頼りに進んでいった。 

間もなく、「キイィィィィィ!」という叫び声が前方から聞こえた。姉の声だ。 

何かあったのかと急いで進むと、出口の半円状の『夜』と、トンネル内の『闇』との差で、 

姉の姿がかろうじてシルエットとして浮かび上がった。

姉は天を仰ぎ、歓喜の声を上げていたように見えたそうだ。 

そして姉は壁に近づき、そこを引っ掻き始めた。何かを掘り出そうとしているようにも見える。 

姉は時折唸り声を上げ、コンクリートの壁を一心不乱に掻き続ける。 

怖くなった妹は、いつもの様に手を引いて帰ろうとするが、姉は取り合わない。

それでもなお手を取ろうとすると、「キイ」とも「ガア」とも聞こえる声で威嚇してきた。 

妹は急いで家へ戻り、家族を叩き起こして事情を説明した。

父と兄は、納屋から縄を持って飛び出していった。 

妹は案内する為に自分も行くと言ったが、場所さえ分かれば良いと押し留められた。 

自分の好奇心の為に姉がおかしくなってしまったと後悔し、姉が無事で帰ってくる事だけを祈った。 

仏壇の前で手を合わせる妹に、母は一晩中寄り添っていてくれたそうだ。 

夜が明け、日も高くなってきた頃、兄だけが帰ってきた。 

母と何事か話していたようだったが、それが終わると出された食事にも手をつけず、ボーッと目の前を見つめていた。

どうなったか聞いてみるが、「もう終わったから」としか言わず、しばらくして自分の部屋へと戻った。 

母に聞いても何も答えてくれなかった。 

数日して姉とともに帰ってきた父も同じで、姉は何かがあったこと自体覚えていなかった。 

姉の指先には包帯が巻かれており、爪が剥がれ肉が削げて、骨まで見えていたそうだ。 

その後、姉の夢遊病は無くなり、日常が戻った。

誰からも説明は聞けず、たまにトンネルへ行って確認しようかと思うこともあったそうだが、 

あの夜の体験が恐ろしく、結局一度も行くことはなかった。 

祖母は言う。

「何があったんだろう。あれはなんだったんだろう」と。

「怖いけど知りたい。でも、あれを思い出すと、頭の中で姉の叫び声が響くんだ」と。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 当世話 | HOME | 漬け物石 »