俺も懲りない

2017.01.11.Wed.21:20

去年の夏だったかな。

俺は釣りが大好きで、一人で夜釣りに行こうとした。

だいたい11時過ぎに家を出たと思う。さすがに夜とは言えむせかえるような暑さだったのが鮮明に覚えてる。

家からは徒歩10分くらいのとこに海があり、いつも歩いて海へ行っている。

海に着きそうになると何かが聞こえる、中年のおじさんが唸りをあげているような

『う"ぅ~う"ぅ~』と低い声で近くの茂みから聞こえてくる。

その上、来るときにはなんとも無かったが辺りが濃い霧で覆われていた。

今までこんな経験はなく、さすがにまずいと思い海を後にした。

こんな話を友人に電話で話してると、外から何か叫び声が聞こえてきた。

もしかしたら憑いてこられたんかな?

そのうちまた俺は懲りずに夜釣りに行くのであった。

怖さより釣り好きの方が勝ってしまってるようだ。

関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 同僚 | HOME | 俺の友人 »