黒い人

2017.01.29.Sun.11:06

私の家は6人家族で、食事を食べる長方形のテーブルに、短いはしのほうに一人ずつ、長いほうに二人ずつ座っていました。私は長い方に妹と隣り合って座っていました。

妹が食卓テーブルに座る前、ふと横を見ると、そこには電子レンジやらの奥に壁が見えました。

その壁には決まっていつも人影が見えました。角度的には短い方に座っている影なのですが、その影は誰かがいてもいなくても見えていて、一切動かないんです。私はこれが怖かったのと同時に、興味深くありました。

あれは誰の影なんだろうなぁと思いながら、自分の体を揺らしてみて、影が動かないかどうかとか、食卓テーブルの電気をつけたり消したりしていました。

食事中もじっと眺めていたのですが、その影は全く動きません。

この影は家族の誰の影でもないとわかった瞬間、こわくなり、父に「ねぇねぇお父さん、あそこに影が写ってるよ、怖いよ」と泣きつきましいた。

すると父は「じゃあ今度お祓いしてもらおうね」と言いました。

父が本当にお祓いを実行したのかはわかりませんが、しばらくするとその人影は消えていました。

消えて気がついたのですが、そこはどうやったって私が見たような形の影はつきそうにない場所でした。

やっぱりなんか幽霊だったのかなと思って父に、「あそこにいる影消えたね。

いつのまにお祓いしたの?」と聞くと、父はキョトンとした顔で「なにその話?」と言いました。

話はこれで以上なのですが、ほかの家族にも聞いてまわったところ、全員「そんなことは知らない」と答えました。

あの頃はいろんな人に言って回ったはずなのに。

関連記事
コメント

管理者のみに表示