嗅ぐ

2017.02.06.Mon.21:18

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 

俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 

寮に入っている社員のTさんの部屋が、特に出現率が高いそうで、俺に相談してきた。 

T「この前もさ、顔洗って鏡を見たら、俺の後ろに怖い女が映ってたんだよ。

 ウワッと思って振り向いたら、まだ居るんだよ…せめて振り向いたら居なくなってほしい…」 

Tさんは精神的にカナリまいっているようだ。

俺は子供の頃から霊感が強く、いわゆる『見える人』だが、だからと言って霊をどうこう出来るわけではない。 

しかし、仕事中もずっとウツロな目をしているTさんを放っておくのも酷だ。 

俺は同時期に入ったバイトのZを誘って、寮に行くことにした。 

Zは子供の頃から霊嗅覚が強く、いわゆる『嗅げる人』だ。 

それが何を意味するのか、寮での実践を報告する。

俺たちが行くと、Tさんはよほど一人が心細かったのか、わざわざ外まで出迎えてくれた。 

けど俺は寮を見た時から、なんとなくイヤな感覚に襲われていた。 

夜中にパトカーの回転灯が集まっている場所を見るような、いやな感じだ。 

…ふと、窓の1つに目をやると、閉じたカーテンが不自然にめくれ上がり、 

そこから妙に小さな顔っぽいのが、こっちを見ている気がした。 

俺にはそれが、『近づくな』の警告だと思えた。 

でも、極力明るく振舞うTさんに気を使って、言えずに見られるがまま。 

俺「えー…と、どうだ、Z。何か感じないか?」 

Z「ん…いや、特に無いな。まあ上がらせて貰おうか」 

T「おう、酒も用意しといたぜ。さ、さ、入れよ、な?」 

ハッキリ言って俺は、今日はやめておこう気分になっていたが、

下戸のTさんに酒を用意されては退路が失われた。

Tさんの部屋に近づくほど、イヤな感覚が増す。 

案の定、さっきのめくれカーテンの部屋だった。

飲んでも気分が盛り上がるハズもないが、度胸付けの気持で飲む。 

さりげなくカーテンを直しておいた。 

Tさんによると、夜寝ている時が一番怖いのだと言う。 

最近はマトモに眠れなかったそうだ。

今日は人が居ることに安心したのか、飲んでも無いのにウトウトとしている。 

俺「布団で寝たらいいですよTさん」

T「ん、ああ、スマンな…」

Z「明日も仕事だし、俺らも寝るか」

この部屋ではとても眠れるような気分ではないが、俺とZも毛布を借りて寝ることに。 

なんとなくカーテン側はイヤだったので、離れてソファーに横になった。 

俺の様子が変だったのか、Zが小声で聞いてきた。 

「なあ…何か見たのか?」 

俺も小声で返す。 

「ああ、ここに入る前に気味悪いのを…Zは?」 

「特に無いって。俺は見れないもん、嗅げるだけ」 

「…何度聞いてもわかんねーよソレ…あの、さ、幽霊ってどんなニオイなの?」 

「…それぞれだな、モノによるよ。一つ言えるのは、人間のニオイじゃないって事かな」 

それは少しわかる。俺も霊は人間には見えないから。 

…いつの間にか電気が消えている。どうやら寝ていた?そんな気はなかったが…

体の向きを変えようとして、奇妙な音に気づく。 

ペタペタッ、ペタペタッと、低いところから聞こえてくる。 

…床に手をつける音…?何かが床を這い歩いて… 

そう判断している最中に、ペタペタのリズムが早くなり、体が強烈に重くなった。 

金縛りとは違う、目を開けるにも全力を使うような状態…

俺が見たのは、正座で俺の胸の上に乗る女だった。 

昔のアイドルが着るような黄色の派手な服だが、体は普通だ。

頭が野球ボールほどしかなく、頭蓋骨を抜いて干しあげたような質感をしている。

結果、やはり人間には見えない! 

「…Z…お…い…Z」 

声を絞り出す俺に、人間外女の顔が近づく…Z!気づいてくれ! 

「ん…なんだ、どうし…あ、くせーな、居るなコレ、クンクン…」 

ニオいながらこっちに近づいて来るZ。見えないは無敵。 

Z「クンクン…この辺からだな…クン…え?なに、オマエの上に居んの? 

 うっわマジにか…クンクン…あ、コレはね、なんつーんだ、ペット売り場系のニオイだな…小動物。

 あんまりたいした霊じゃないのかも… 

 クンク…ぇひっ!な、何だ、ひょっとしてこの辺アタマじゃね? 

 人外の部分は臭ぇーんだ、コイツ相当ブサイクだろ?

 クン…ゴフォッ!なんだろ、ハムスターとかじゃねえぞ、亀の食い残したエサが水槽の底に溜まっ」 

「あ、もういいよ、居なくなったから」 

Zがニオイ分析~表現のあたりで、大抵の霊は消える。(女性霊は早く消える傾向がある)

幽霊にとってニオイを嗅がれるのは余程ショックなのか、2度と出て来ないらしい。 

翌日、久しぶりに熟睡できたというTさんが、職場でこの話を披露した。 

もともと冗談が好きなTさんの話に、ほとんどの人は半信半疑だが、 

寮の人は感謝と畏敬を込めてか、Zを下の名前『カオル』と呼ぶようになった。

関連記事
コメント

管理者のみに表示